ネットで炎上!誹謗中傷を受けた時の対処法

炎上

一般人でも被害がおきるネット誹謗中傷

現在はインターネット社会と言えますので、ネット上で誹謗中傷を受けることもあります。誹謗中傷の問題は有名人だけのものではなく、一般的な会社や個人を対象としているものも増えています。

インターネット上において名誉毀損を受けたり、プライバシーの侵害を受けたときには、その被害が掲示板やSNSであるときには運営者である管理人に削除依頼ができます。

プロバイダ責任制限法という法律によって、被害者はサーバやプロバイダの管理人や運営者に対して、書き込みを行った者を人権侵害情報発信者として情報の開示請求を行うことや、人権侵害情報の削除を依頼することが可能です。

開示請求や削除依頼については、証拠になることから文書やメールで行う必要があります。

被害の原因となっている掲示板やSNSに、直接的に削除依頼の内容を書き込むことは問題が拡大してしまう恐れがあるので避けるほうが良いと言えます。

削除依頼が困難なら法務局へ

被害者が削除依頼をすることが困難な状況にあるときには、全国の法務局や支局に相談することができます。法務局ではプロバイダへの発信者情報に関する開示請求や、人権侵害情報の削除依頼の方法についてアドバイスをしてくれます。

法務局からのアドバイスを行っても、被害者が被害の回復ができないときや、削除依頼に対してプロバイダが応じないときには、法務局がプロバイダに削除の要請を行うことができます。

法務局から削除要請は、被害者の申告を受けてインターネット上に書き込まれている人権侵害の内容について、法務局が調査をして名誉毀損やプライバシーの侵害に当たると判断されたときに行われます。

損害賠償を求める場合は、弁護士相談を

掲示板などの書き込みに対して、損害賠償請求をすることを検討している場合には、誹謗中傷対策 弁護士を通して、掲示板の管理者に開示請求をして、加害者の個人情報の特定をしてから、損害賠償請求の訴訟を行うことができます。掲示板などに名誉毀損を行ったり、誹謗中傷をすることで、罪に問われる可能性もあります。実名の書き込みが行われており、社会的信用を傷つける恐れのある事案については、名誉毀損に該当するために弁護士や警察署にいって刑事告訴、民事訴訟を行うこともできます。