ネットストーカーに悩んでいる人はネットに強い弁護士に相談を

最近ニュースなどでも注目が集まっているインターネット上の犯罪として、ネットストーカーと呼ばれるものがあります。ネットストーカーとはインターネット上でSNSやメール、メッセージなどによってストーカー行為をしている人やその行為そのものを指しています。通常のストーカーと違って時間帯に関係なくストーカー行為を続けられてしまうため被害に遭遇した人たちの精神的な苦痛は高いですし、連絡手段も多岐に渡っていると言うところが特徴となっています。例えば電話番号を知られている場合はSMSを大量を送り付ける・imassege・メール送信・facebookのメッセンジャーを送る・LINE・twitter・掲示板などあらゆるネットメディア・SNSコミュニケーションツールで執拗に連絡をしてくるとされており、いずれも被害者にとっては日常的に使うものであるためシャットアウトすることも難しいことから被害が深刻になりやすくなっています。
このようなネットストーカーはインターネットやSNS上でのみではなく現実でもストーカーをする可能性が高くなっており、特にSNSで個人情報を公開してしまっている場合は簡単に特定されてしまうので家まで押しかけられてしまったり襲われてしまうと言うリスクが高くなっています。
そしてネットストーカーの一番の問題は、現在ストーカーを規制するための法律であるストーカー規制法の適用が難しいと言うところにあります。と言うのも現在のストーカー規制法の適用はネットストーカーを想定していないため、対象となる行為に該当しにくいと言うところがあるのでなかなか対策を取ることができないということが多いようです。そのため対策を取ることができず、ニュースにあるようなアイドルがストーカーに襲われると言うような自体が自分の身にも起きてしまうかもしれないという不安や恐怖を抱えることに成ってしまうのです。
このような危険やリスクを回避するためにも、被害に遭っていると言う場合はネットに強い弁護士に相談することがおすすめされています。ネットに強い弁護士の場合はインターネット関連のトラブルに関する知識や経験が豊富となっているのでどのようにストーカーに対策をすればいいのか相談することができますし、場合によっては被害を防ぐために警察などに働きかけてくれると言う事もあります。通常の弁護士や警察よりも対応に慣れていると言うメリットがあるので、まずは相談だけでもしてみることがおすすめです。