ネット誹謗中傷対策の際の送信防止措置依頼書について

送信防止措置依頼書

送信防止措置依頼書とは何か?

ネット誹謗中傷対策の際に送信防止措置依頼書というものがあります。

この依頼書を作成する場合には、「誹謗中傷され侵害されたとする権利の明確化」が重要です。当該誹謗中傷行為は被害者のどの「保護法益」を侵害したのかという事を明確化するのが重要です。ネットの誹謗中傷の場合には、侵害された保護法益は「名誉」もしくは、「プライバシー権」が多いです。

権利が侵害された理由も大切です。法的保護においては、法的に保護される対象ではなくてはいけません。人によっては、「名誉棄損」・「プライバシー侵害」に該当する場合もあれば、そうでもない場合があります。どのような理由(根拠づけ)で、自己の権利侵害があると考えるのかを明確化し、当該依頼書に記載する必要があります。

この場合には、法律問題になるので、不安であったり、早急に問題解決を図りたい場合には、専門家の弁護士等に相談すると良いです。

この依頼書のポイントは、「理論整然」としている事です。

送信防止措置依頼書の書き方のポイント

その他のポイントがあります。

当該誹謗中傷記事を有体物化してください。当該誹謗中傷記事を印刷して当該依頼書に「証拠書類」として一緒に提出するからです。

問題となる箇所を明記してください。URL・スレッド名等です。また、ブログの場合には、特定の記事なのかサイト全体なのか明記してください。特定の一部部分なのか、全体なのかによって、全く問題が違ってきます。全体なら全体と明記し、特定ならスレッド名の明記を図る必要があります。

記載内容は端的に、申し出者の氏名・住所・連絡先、当該誹謗中傷記事の特定の為の情報、侵害されたとする権利・理由です。

当該誹謗中傷記事内容が、真実と反する場合には、理由づけは「名誉棄損」とするのが一般的です。また、真実でない場合にはその事を証明できる物があれば、一緒に添付してください。真実だとしても、その真実を正確に写像していない拡大・誇張している場合においても、当該誹謗中傷記事は名誉棄損だとされます。