製造業経営者に多い相談

日本は世界一の技術大国なので、製造業の存在は欠かせないのですが、不景気のあ煽りを製造業はまともに影響を受けてしまった業種でもあります。そのため、製造業の経営者も 経営コンサルティング会社に相談する事例が増えているのですが、どのような相談が多く寄せられているのかというと、社員の中にすぐ不良品を出してしまう人がいる、モチベーションが上がらない、無駄な出費が多いという相談が多くなっています。

製造業はよい製品を素早く作ることが求められるので、製造過程で確認を怠ってしまう癖のついている人は、やはり不良品を出すことが多くなってしまうため、必ず検査を社内で行い、最悪不良品を納めることを避けるような対策をするべきというアドバイスをすることが多いでしょう。

モチベーションはやはり待遇面にも影響があるので、外注費や材料費の削減などを心がけ、少しでも社員に還元するようにしないといけないのですが、この不景気で更に増税の影響が出ているため、かなり難しいというのが現状です。

モチベーションが悪くなると、ネットやtwitterなどに不平不満を記述して、誹謗中傷がおきることもありますので、従業員の対応は慎重におこなうべきです。