2ちゃんねるなどの掲示板に書かれた誹謗中傷を特定する方法

インターネット

2ちゃんねる特定方法

2ちゃんねるや他の掲示板などで、悪口やプライバシーに関することが書かれることがあります。その誹謗中傷を書いた人物を特定する方法をいくつかご紹介いたします。まずは書いた人の発信者情報をメモしましょう。

メモした発信者情報を、掲示板の管理者に聞くことが出来ます。管理者の連絡先が分からない場合は、掲示板の下のほうに行くと削除依頼と書かれたボタンがあるため、そちらから連絡することが出来ます。

掲示板によっては、管理者や運営会社がサイトに乗っていない場合があります。レンタルサーバーを利用して運営していることがあるため、レンタルサーバーの会社に連絡をするか、ドメイン所有者を調べて連絡する方法があります。

個人情報なので、話すことはできないと言われた場合には、プロバイダ責任制限法案で責任を負うことはありません、と答えましょう。プロバイダ責任制限法案とは、ネット上でプライバシーの侵害や誹謗中傷を受けた場合に、書いた人物の情報を得られることが出来る法律となります。

IPアドレスから犯人特定の流れ

管理者から、誹謗中傷した人のIPアドレスを入手できるので、そのIPアドレスを警察か裁判所に持っていきます。

IPアドレスとは、パソコンやスマートフォンに振り分けられている、機器を認識する数字となります。IPアドレスを掲示板の管理者が教えてくれない場合があるので、その場合は書かれた掲示板のサイトを印刷して警察に行きます。警察の方に誹謗中傷されたことを言い、IPアドレスを見せるか、印刷したものを見せて、掲示板の管理者のメールなどを教えます。

裁判所に行く場合は、弁護士に頼んで教えてもらうほうが良いでしょう。手続きなどを教わることが出来るので、教えてもらった後は弁護士に頼らずに自分自身で訴えることが出来ます。弁護士に相談する場合には、インターネットの知識に特化している弁護士に頼むほうが良いでしょう。

弁護士にネットの知識が乏しいと、解決までにスムーズにいかない場合があります。インターネットで掲示板の誹謗中傷の書き込みの削除と人物の特定を解決するための弁護士がいるため、そちらに電話することで特定が早くなるでしょう。

特定することができたら、名誉棄損で訴えることが出来ます。民事訴訟となるため、時間がかかるため、和解になることが多いようです。代理人によって示談で解決することも可能のようです。

人物の特定は難しいように思えますが、意外と簡単にできることなので、許せない書き込みなどをされた方は、まずは行動してみましょう。

転職会議の誹謗中傷を弁護士による特定で削除する方法

転職会議

転職会議による誹謗中傷

個人名をネットに晒されて「あいつ転職何回目」「クビ」と中傷されるのは傷つきますね。転職会議の誹謗中傷を弁護士による特定で削除する方法のご紹介です。

まずはお近くの法テラスに相談に行きましょう。弁護士に無料で相談できる権利をフル活用するのです。住んでいる地域が主催している法テラスなどにいる、当番弁護士に対面相談を依頼しましょう。

予約は電話でできます。電話での法律相談は行っておりません。プロの弁護士が1回につき30分、3回まで無料で話を聞いてくれます。無料相談が3回を超えるようであれば、その先は有料です。また、一日に同じ案件で2回以上、無料相談を受けることはできません。法テラスの職員に、日を改めてまたお願いしますと言われます。

裁判に持ち込もうとすると割高です。相手が法廷に来ない場合もあります。長引けば長引くほどダメージが長引くだけです。

誹謗中傷する犯人の見つけ方

前もって、ネットなどで貴方を誹謗中傷している犯人の目星をつけておくと弁護士による特定もスムーズです。

そもそも転職の邪魔をするのは誰でしょうか。犯人として考えられるのは、前職の同僚、上司、後輩、同居家族、親戚、元恋人、元クラスメートなどです。犯人として考えられる全員を弁護士に相談するのです。

例えば「車のショールームで働いているが、わけあって転職活動中。コンパニオンのような仕事もしていたら、異性として全く興味のない男性の元クラスメートが客として来るようになり、茶々を入れられたり、待ち伏せされたり、嫌な気分になる被害に遭ってしまっている」「ネットに本名を出されてしまっているし、ストーカー化していて気味が悪い」のであれば「職場でストーカー被害に遭っており、ネットでも本名を出されて中傷されてしまっている」これだけを文章化して、弁護士に提出すればOKです。1行か2行でおさまります。

「車のショールームで働いている」「コンパニオンのような仕事もしていたら、異性として全く興味のない男性の元クラスメートが客として来るようになり、茶々を入れられたり、待ち伏せされるなどの被害に遭ってしまう」「ネットに本名を出されてしまっている」のであれば、犯人は元クラスメートの男性だと確定できます。さらに「仲間をつくったり男性を味方につければ良いのだろうけれど、職場に頼れる人がいない」「独身をからかわれる、こんな奴とは付き合いたくないだけで幸せな結婚ならしたい」のであれば、職場の同僚や上司、後輩も被疑者の対象です。